レンタルサーバあらゆるショッピング通販サービスの宝庫アールマーケットモール

レンタルサーバ

レンタルサーバー・サーバー関連情報

個人初心者からビジネスユースまで安心充実サーバ

 PHP、PerlなどのCGI、PostgreSQLやMySQLが利用できるか、SSLは?携帯サイトは?ウイルス・スパイウェア対策は?無料?有料?高い?安い?格安?激安?有料でもいいけど試用期間はどのくらい?

 レンタルサーバを選ぶ時には用途に応じていろいろ悩むもの。

 ここには初心者から上級者まで個人ユースからビジネスユースまで安心の標準機能、オプション機能充実レンタルサーバばかり。

レンタルサーバ一覧


GMOペパボ株式会社
↑2014/04/01↑
株式会社paperboy&co.
月額100円~、容量10GB/50GB/120GB/400GB。
ロリポップ!
top

さくらインターネット株式会社
個人から法人まで対応レンタルサーバ。
月額換算129円〜。
独自ドメインも使えてウイルスチェック機能付きでメールアドレスは無制限。
さくらのレンタルサーバ
top

セブンアーチザン合同会社
↑吸収?↑
株式会社パラダイムシフト
月額0円から100円のレンタルサーバープラン(かかっても最大350円までの転送量超過料金課金制)と月額200円で転送量無制限プランがあり、データベースも利用可。
Bfit.jp
top

セブンアーチザン合同会社
↑吸収?↑
株式会社パラダイムシフト
月額200円からのレンタルサーバープラン、容量無制限+独自ドメイン利用可能。
TOK2 PROFESSIONAL
top

ネットオウル株式会社
月額126円(税抜)からの個人、法人向けレンタルサーバー。
独自SSL無料、無料SSL証明書Let's Encrypt簡単設定、WordPressなど人気CMSを手軽にインストール可。
スターサーバー
top

カゴヤ・ジャパン株式会社
共用サーバ、専用サーバ、クラウド(仮想)サーバと個人から法人まで。
Webとメールは別サーバー、別容量、IMAP・Webメール標準対応、迷惑メールやウイルスのチェック無料、365日年中無休サポート無料対応。
自社データセンターで管理・運営。
カゴヤ・ジャパン
top

さくらインターネット株式会社
仮想専用VPS月額685円から。
さくらのVPS
top

エックスサーバー株式会社
月額900円(税抜)から、大容量200GBから、独自SSLを無料、マルチドメイン、メールアドレス無制限、SSHやcronによるコマンド、プログラムの実行も可。
Xserver
top

エックスサーバー株式会社
容量30GB、月額1,000円(税抜)からのWordPressの運用に特化したレンタルサーバ、クラウドサーバ。
独自SSL無料、独自ドメインでの運用可、1契約につき10個のWordPressを運用できる。
専用管理ツールからブログ構築アプリWordPressを簡単セットアップ、リバースプロキシキャッシュで高速表示、過去14日間データ自動バックアップ。
wpX
top

株式会社インターリンク
容量10GB 月額1,000円(税抜)/容量30GB 月額3,000円(税抜)。
無料体験期間あり、マルチドメイン対応、メールアドレス登録無制限、Webメール対応、ウィルス駆除やメーリングリストなど便利機能を搭載。
独自ドメインのウェブ・メールが月額1000円からOK!
レンタルサーバー「マイサーバー1000」 マイサーバー3000
top

GMOペパボ株式会社
↑2014/04/01↑
株式会社paperboy&co.
月額800円から、マルチドメイン無制限、DB70個~、転送量80GB/日~、WordPress・MTOS簡単インストール。
heteml
top

エックスサーバー株式会社
WordPressやEC-CUBEを簡単ワンクリックインストール可能、マルチドメイン標準装備の高機能レンタルサーバが月額1,800円(税抜)から。
シックスコア
top

株式会社KDDIウェブコミュニケーションズ
月額3,800円(税別)〜ディスク容量、DB、マルチドメイン、メールアドレスが無制限、WordPressなどのCMSのサイトも作り放題の共用サーバー。
CPIレンタルサーバー
top

株式会社ケイアンドケイコーポレーション
格安高機能レンタルサーバー Ablenet
top

GMOホスティング&セキュリティ株式会社
次世代共用サーバー、カスタマイズが可能な専用サーバー他。
国内最大級ホスティングブランド 「iSLE」
top

共有レンタルサーバと専用レンタルサーバ

 レンタルサーバには、共有レンタルサーバと専有レンタルサーバがあり、無料レンタルサーバは、全て共有レンタルサーバであると言って差し支えないでしょう。

無料レンタルサーバ

 こうした無料レンタルサーバの中には小さなバナーやテキスト1行広告のものもありますが、ほとんどの無料サーバではページ上下にコンテンツと無関係な大きなバナー広告が表示され、CGIなどの利用も制約がある事が多くなっています。

有料レンタルサーバ

 一方、有料レンタルサーバには、共有と専用がありますが、この広告が入らない為、自分のサイトとして自由度、アピール度が高くなりますし、自分だけの独自ドメインと独自メールアドレスを持つ事ができたり、CGIはもちろんosCommerce、EC Cube、XOOPS、XOOPS CUBE、MovableTypeなどが利用できるサーバも多く制約がほとんどなく、情報保護に必要なSSLを利用できるのが利点です。

 共有サーバの場合、割り当てられたスペースをある一定の複数の人々で利用する為、費用も分担でき、月々数百円で利用できるサービスもたくさんあります。

 最近の共有サーバの中には、SSLをドメイン専用で独自に取得できるサービスもありますが、共有SSLを利用する場合、セキュリティ面で万全とは言い難い部分がある事から専有サーバを検討するケースも出てくる事でしょう。

専用レンタルサーバ

 専有・専用サーバの場合、1アカウントでサーバを専有するのでその分の相当費用が必要となり、当然共有に比べれば割高にはなりますが、自社、自宅でサーバを保有するのに比べれば結果的にコストパフォーマンスが高くなります。

 これは、自前のサーバの場合、人件費やメンテナンスといったコストがかかってきますし、サーバ構築運用に長けた専任者が複数人必要となる場合も多く、WEBサーバ、DBサーバ、ファイルサーバ・・・更にプライマリサーバ、セカンダリサーバの設置が必要となるなどコストパフォーマンスを考慮すると外部委託するメリットが十分に出てくるからです。

 個人、個人事業主、法人によって、更に法人においては運用規模などから最もふさわしいサーバを選択する事になります。

有料サーバの検討

 個人の場合は、広告が邪魔、独自ドメイン、メールアドレスが欲しいという欲求から、また個人事業主では、オンラインサービスを提供するにあたり、信頼性などの観点から独自ドメイン、メールアドレス、SSLの必要性から、またはこれまで自前サーバで運用していたけどコストとメンテナンスの煩わしさから解放されたいとの思いから、更にはレンタルサーバの乗り換えを希望して有料レンタルサーバを検討する事が多いのではないでしょうか?

 大企業の場合には、たいてい自社サーバを構築している事が多いですが、起業したばかりのベンチャー、中堅中小零細企業の場合、専任者選定ができなかったり、独自ドメイン、メールアドレス、SSLの必要性があったり、自社サーバから、または他レンタルサーバからの乗り換えが有料レンタルサーバを検討されるきっかけとなる事と思います。

 アールマーケットモールでは、独自の視点でそれぞれの思いを実現でき、信頼でき、安心できる有料レンタルサーバだけを厳選しています。

VPS

 VPSとは、Virtual Private Server (バーチャル・プライベート・サーバ)の略で1台のサーバ上で仮想サーバを複数台稼働可能なソフトウェア、または、そうした仮想サーバを提供するレンタルサーバのサービスを指します。

レンタルサーバとは
無料レンタルサーバとは
共有レンタルサーバとは
専有レンタルサーバとは
独自ドメイン?ドメインって何?
マルチドメイン・バーチャルドメイン
サーバ構築について
オンラインショップ・ネットショップ構築するには
top